YUKIMURA.TECH with DJI + PIX4D and MORE

これだけオンラインで情報発信できるのだから年賀状はもういらないよね?という個人も企業もかなり今後は増えてくるのではないでしょうか?私自身も昨年から年賀状という文化を終了いたしました。すでにオンライン上で個人的にも会社的にも多くの情報を発信していますが、来年からはその傾向がさらに加速していく予定です。


昨年よりお得意農家さんと優秀な友人起業家たちの流れに身をまかせて、お試しでドローンの業界に一歩足を踏み入れたのですが、気づいた時には少し駆け足で2021年末を迎え、振り返ると、ガッチリとメーカーや代理店、それをサポートする会社に囲まれています。そんな守備メンバープラス、攻撃メンバーにはまた別の営業部隊となる会社と手を組んで、攻守ともにバランスよく仕上がった我社は我ながら上手にポジションを取ったものだと感心します。


今後も順調に農業用ドローンを運用していくのはもちろんですが、今後足りなくなるであろうスタッフは誰でも良いという事にはならないのだが、まずは若い農家さんとチームを組んで乗り切る予定です。


小さな出来立ての会社ではありますが情報量がすごくて溺れそう。(笑)

先ずはお得意様、近くの農家さんのサポートから少しずつしっかり丁寧に。

得た情報は自分の復習のためにもしっかり公開していきます。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

・前回2次公募への応募がかなり少なく、前回よりも対象範囲が緩和されております。 ・農水省の担当者がDJI JAPANのオフィスに直接説明に出向くほど前向きです。 ・3タイプの内、スカイロボットは既に1番の農業支援サービス事業者に登録済みです。 https://skyrobot.co.jp/news/news-5762/